読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWS - Qiitaのチュートリアルを最初からやってみる。

AWS

今月は前半はRSウイルスに感染し、
後半はノロウイルスみたいな症状に感染してホントひどかったです。
今年はこれ以上ひどい目にあいたくないのでインフルエンザワクチン接種したい。

ところで、私は残念ながら業務でIaasを使う機会が少ないので、
最近はAWSのキャッチアップを行ってます。

今回は、Qiitaの記事「0から始めるAWS入門」の手順を踏んで
LAMP環境を構築しました。集中してやれば2時間位で終わります。
qiita.com

もくもくやっていく!



- VPCの作成
f:id:yasay:20161021234854p:plain
VPCを作成。


f:id:yasay:20161021234917p:plain
サブネットを作成。


f:id:yasay:20161021234931p:plain
インターネットゲートウェイを作成。


f:id:yasay:20161021234946p:plain
VPCにアタッチする。


f:id:yasay:20161021234959p:plain
Route Tableにルールを追加

f:id:yasay:20161021235049p:plain
Amazon Linux AMIを選択。


f:id:yasay:20161021235111p:plain
無料枠のt2.microを選択。


f:id:yasay:20161021235123p:plain
詳細項目を設定していく。


f:id:yasay:20161021235226p:plain
ボリュームを設定する。今回は最小で。


f:id:yasay:20161021235241p:plain
タグを設定していく。


f:id:yasay:20161021235335p:plain
セキュリティグループを設定していく。


f:id:yasay:20161021235447p:plain
作成する前に詳細を一応確認!作成ボタンを押下!


f:id:yasay:20161021235508p:plain
キーペアを作成する。


f:id:yasay:20161022000143p:plain
試しにAWS上のLinuxに接続してみる!いけた!


f:id:yasay:20161022000152p:plain
チュートリアル通り、nginxをインストールして起動してみる!できた!


- ELBの作成
f:id:yasay:20161022000217p:plain
チュートリアルの内容は「Classic Load Balancer」なので、選択する。 


f:id:yasay:20161022000228p:plain
ロードバランサーを定義する。


f:id:yasay:20161022000254p:plain
サブネットを選択する。



f:id:yasay:20161022000329p:plain
セキュリティグループを割り当てる。


f:id:yasay:20161022000415p:plain
ヘルスチェックの設定をする。


f:id:yasay:20161022000431p:plain
EC2インスタンスを追加する。



- RDSの作成
f:id:yasay:20161022001215p:plain
DBサブネットグループを作成する。


f:id:yasay:20161022001233p:plain
パラメータグループを作成する。


f:id:yasay:20161022001245p:plain
セキュリティグループを作成する。


f:id:yasay:20161022001258p:plain
RDS用のセキュリティグループを作成する。


f:id:yasay:20161022001402p:plain
エンジンを選択する。今回はMySQLを選択。


f:id:yasay:20161022001314p:plain
RDS無料利用枠を使いたいので、「開発/テスト」を選択。


f:id:yasay:20161022001424p:plain
インスタンスの仕様を設定する。


f:id:yasay:20161022001449p:plain
詳細設定を変更する。


f:id:yasay:20161022001458p:plain
詳細設定を変更する(2)。
完了したら、DBインスタンスを作成する!


f:id:yasay:20161022001514p:plain
作成されたインスタンスを右クリックし、
リードレプリカの作成に進む。

f:id:yasay:20161022001527p:plain
リードレプリカの詳細設定を行い、作成完了させる。

これで、Qiita記事にある下図のような
LAMP環境の構成完了しました。
f:id:yasay:20161022143846p:plain


AWS Japan 公式チャンネルの「AWS サービスのご紹介」は全て目を通しました。
www.youtube.com


次は↓の書籍を使って勉強していきたいと思います。
honto.jp