ヤサイブログ

徒然と

Windowsで「tail -f」コマンドを実現する方法4選

tailコマンドは重宝しますよねー。
なのに、何故かWindowsにはデフォルトで入ってなくて、
なんとかしてtailコマンドを使いたいと思う時は多いはずです。
開発してるとログをtailで垂れ流したいですよねー。
そこで、自分がよく使っているツールを紹介したいと思います。
(備忘も兼ねて。)

www.vector.co.jp
「tail -f」をWindowsで実現するためのフリーソフトです。
メリットとしては対象のファイルを開くだけで簡単にtailが実現できることです。
デメリットとしては、他に応用が効かないこと。tailコマンドを習得することはできないです。


tech.guitarrapc.com
Microsoft信者の方はこの方法でtailコマンドを再現できますが、
やはりデメリットとしてLinuxコマンドではないため、応用が効きにくいことが挙げられます。

  • git bashを使う オススメ!

git-for-windows.github.io

Git for Windowsをインストールすると、
MINGWによるbashを使うことができます。これがなかなかオススメです。
メリットとしては
・tailコマンドだけでなく、Linuxの基本コマンドを普段から使える。
・当然Git用のコンソールとしても使えるのでバリバリGitが使える。
などが挙げられます。後述するConEmuと併用することで、
快適なコンソール環境を実現することも可能です。


qiita.com

Windows10 Anniversary Updateから導入された
Bash on Ubuntu on Windowsを使うことで、
簡単にtailコマンドを導入することができます。
もちろんtailだけでなく、様々なLinux基本コマンドを使用することが可能です。
ただし、64bit edition限定ですので、古いPCを使っている場合に
導入できない場合があります。


  • 番外:Windowsのコンソールをもっと快適に使う「ConEmu」を導入する。

conemu.github.io
ConEmuはWindowsのコンソールをとても快適にするためのツールです。
インストールされているコンソールツールを自動で検索して、
ConEmuを通して起動できます。
左右分割、上下分割をはじめ、ウインドウの透過や配色の変更など、
様々なカスタマイズ項目があります。
個人的にはgit bashまたはBash on Ubuntu on Windowsと、ConEmuの併用を
オススメしたいですね。

もちろん、上記以外にもたくさんの方法があります。
自分好みの環境を整えるために、いろいろ探し回ってみてください♪