ヤサイブログ

徒然と

RPG Maker MVの「MADO」を早速使ってみた!

2017年9月7日、RPG Maker MVの拡張ツール「MADO」がリリースされました。
tkool.jp

早速使ってみたのでエントリーに残しておきます。

起動するとこんな感じ

f:id:yasay:20170907224021p:plain 「会話」,「ステータス」,「戦闘」,「その他」それぞれのウインドウを
カスタマイズできます。エクスポートするとそれぞれ画像ファイルとして出力されます。
機能としてはシンプルで、ただそれだけです!(現状は)

早速、適用してみた。

効果が分かりやすそうなウインドウで試してみました。

  • タイトル f:id:yasay:20170907224307p:plain

  • ロード画面(AltSaveScreenプラグインを使用中) f:id:yasay:20170907224336p:plain

  • メニュー画面 f:id:yasay:20170907224408p:plain

悪くない。いいですね!(興奮)

本質はプラグインと画像ファイルにあり

MADOのツール自体は、プリセットで用意されている素材を
組み合わせて画像を生成するので、プリセットだけの表現では限界があります。
これは、バージョンアップでの素材追加や個別素材の追加機能などに期待です。

どちらかというと、本質はプラグインと画像ファイルにあると思います。
プラグインは公式で提供されており、画像ファイルだけをカスタマイズすれば
プリセット以外の表現も可能です。

  • MADOでエクスポートした画像は下記のようなフォーマットになっている。 f:id:yasay:20170907225832p:plain

カスタマイズで独自ウインドウを表示している場合などに注意

プラグインによって戦闘中とメニューで違う画像を使用することが
可能になりますが、本プラグインとは別のプラグインで独自に定義したウインドウ枠に
メニュー用画像が適用されてしまって、
ちぐはくになってしまう場合があります。

この場合、自分でプラグインを改変するか、
プラグイン作者様に改善をお願いする必要があると思います。

  • ちぐはぐな例 f:id:yasay:20170907224953p:plain

以上です!