ヤサイブログ

I'll keep hacking on fun. ~ 学びよ、加速しろ ~

Virtual Box上の仮想マシンを快適に使うために設定した箇所

おそらく次のPCでもVirtual Boxの設定はカスタマイズすることになると思うので、
備忘録として残しておきます。

本エントリーは下記のPCスペックの設定例となります。

Windows OS Windows 10 Pro
CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
メーカーHP ノートパソコン m-Book K シリーズ 「MB-K670XN-SH2」 仕様詳細|マウスコンピューター BTOパソコンの通販ショップ
Virtual Box Version 5.2.2 r119230 (Qt5.6.2)

システム

マザーボード

メモリは使えるだけ使う。
f:id:yasay:20180312190124p:plain

プロセッサ

プロセッサも使えるだけ使う!
f:id:yasay:20180312190225p:plain

アクセサレーション

準仮想化インターフェース:KVM
f:id:yasay:20180312190616p:plain

ディスプレイ

スクリーン

ビデオメモリー128MB
3Dアクセラレーション:有効化
ディプレイ関連の設定は変に弄ぶと逆にパフォーマンス下がったり(負荷が上がりすぎる)するので、
マシンスペックに応じたバランスが大事。
f:id:yasay:20180312190435p:plain

所感

自分は上記の設定でXubuntuを快適に利用しています!
xubuntu.org
さすがに標準フレーバー(Ubuntu)だと重くてつらたん。
もうWindowsだと辛い子になってしまったので、会社でもMacを支給してくれませんかね(ぉ

以上でした!