今回の帰省に思うこと

2020年2月に約1週間、帰省してきました。
このエントリーでは帰省について思うことを書きます。
少し退屈なエントリーかもしれませんが、書かざるを得ません。

自分という意識を形作った場所たち

あえて、昔歩いた通学路や帰り道などを歩きました。
小さい足で一生懸命歩いた道は忘れることはありません。

私と私の意識を形作ったこの場所は、やはり特別な場所です。

私の子供達は、この場所ではなく今住んでいる場所で
かけがえのない思い出を作っていく。それと同じ。

今回は中学校にも行った

卒業した中学校の校舎も歩きました。
中学校は改装され様子は随分変わりましたが、
当時のよかったことから黒歴史まで含めて思い出されます。

進化が停滞した街で自分達が年を取ってしまうような感覚

故郷は決して人口の多い街ではなく、
いつ戻ってきても街並みの変化がありません。

まるで、自分達だけが年を取っているような感覚です。

大都市東京にいると、常に進化しています。
私達もその進化に追従していかなければと思うこともあります。
ですが、この場所は違う。

ほぼ、何もかもが、昔と同じ。
人は少なくなったかもしれないね。

家族を助けることは、自分自身のエゴなのだろうか

私は今回、高齢になった両親を助けるために帰った。
でもそれは、本当に両親の助けになったのだろうか。

私としては、遠く離れている両親をいつでもこっちに呼べるようにしたい。
そのためにできるだけ物を減らしたかった。

10年近く放置されているダンボールや、
全く着ていない服、そのせいで存在する大きな家具など、
何の意味があるのか。まるで昔の思い出が、
現在に重くのしかかっているだけのように見えた。

私も将来、ああなるのだろうか?
たくさんの物や家具が、年老いた私の重荷になり、
身動きできなくなるのだろうか。

自分の将来と重ねてしまう。
そう、両親の老後は他人事ではない。
私にとっては自分の将来と重ねている。
自分も同じように、体が少しずつ動かなくなり、
不自由になっていく。その時に自分は両親と同じような
状況に置かれているのだろうか。
それを避けるためにはどうすればいいのか。

本当に大切な両親だからこそ、そう思う。

でも、私のこの意識に反して、
両親の考えていることは違う。
干渉しすぎてもダメだ。両親には両親の考えがある。

私がどんなに未来のことを見据えようとも、
両親と意識を一致させるにはたくさんの話し合いが必要だ。

そうしないと、私の親切はただのエゴとなってしまうかもしれない。

最後に

今回の帰省で、私ができる限りのことはやったと思う。
あとは両親次第だ。

「ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント」を読んだ

「ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント」を読みました。 もともと、所属している会社の読書会の題材となったことにより、読了した本になります。 読書感想をアウトプットとして残しておきたいと思います。

正直な話、リッチが最初に言っているパーティションで区切られたエンジニア毎のスペースを体験したことがない。自分は最初タコ部屋のような場所で仕事していたせいもある。日本のオフィスは狭いのでパーティションで区切られたスペースが用意されないことも多いと思う。

リッチが書いている内容は、現在のエンジニア達のトレンドになっていると思う。プロジェクト進行はアジャイル開発を思わせる節がある。テストコードを先に書くことは、テスト駆動設計の先駆けだと思う。

銀の弾丸はない

メンローの喜びを生み出すための仕組みがどれだけ素晴らしいか理解できる。 しかしながら、その喜びを生み出す仕組みが万能の仕組みではないことを本書でも語られている。 それを忘れてはいけないと思う。

所属する組織に特化した喜びを生み出すには

所属する組織がどうすれば喜びを生み出せるのか考えてみる必要がある。そもそも、喜びを生み出せる環境なのだろうか?どうすれば現在の組織で喜びを生み出すことができるのだろうか?

リモートワークで発生させる喜び

この本に書いてある内容では、リッチはリモートワークを取り入れていない。私は今フルリモートワークの会社に所属している。フルリモートワークでは喜びを作り出す仕組みを入れることは難しいけど、取り組んでみることはきっと楽しいはず。エキサイティングだ。成功すれば一冊の本にできるかもしれない。

濃密な連携によるペアプログラミング

毎日ペアを組んで開発すること。これは、明らかに有意義な仕事であるに違いない。しかし、それがどれだけ疲れることか容易に想像できる。常にペアのことを考えながら仕事を進めなければいけない。それは自分だけの時間がないことを意味する。でもそれでいいと思う。ペアプロによって生産性が上がれば、組織と自分自身にとって良いことだと思えるから。

ただ、多くの組織では常にペアプログラミングする環境を作り出せていないと思う。隣り合わせで仕事することにより自然発生的な会話の流れでペアプロが発生することはあるが、リモートワークだとそうもいかない。ペアプロを発生させる仕組みを作っていくのは大事だと思う。

人は簡単には変われない

「流血、暴力、殺人」という表現があった。たとえば、私がこの言葉を言われた時、心折れずにいられるのだろうか。リッチも後ろのページのほうに書いているけど、人を変えることは難しい。私自身、実は何度か同僚との考え方が合わずに心折れたことがある。誰だってそういう経験はあるのかな。喜びの仕組みを同僚と共有するためにはカルチャーマッチする人材を雇用する必要があると思う。そういう話だとメンローの取り組みは合理的だ。彼らはカルチャーマッチする人材を雇用する仕組みがある。

ヒーローと知識の塔

私自身、ヒーローや知識の塔になりたくはないと思っています。本書に書いてある通り、知識の塔やヒーローに特定の作業が依存してしまうことによりその人は新しいチャレンジが出来なくなる。ついつい、忙しくてスキルトランスファーを忘れがちになるが、スキルトランスファーし同僚を信じることをもっと実践しないといけない。

日本にももっと心理的安全が備わった組織が欲しい

日本のプログラマー心理的安全が備わった組織を用意してくれる会社は少ないと思う。とくにSIerはそもそも客先常駐なので心理的安全なんてあるはずもないことをトラウマのように思い出してしまう。心理的安全を作り出すことができる人、そのものが貴重だと思う。

心理的安全は、批判が出てこない組織ではないことも意識しておかないといけない。心理的安全があるこそ、よりよい方向に導くための批判が出る。私自身強く意識しないといけない点だ。

忘れてはいけないこと

  • 一流のチームのルーティンの話
  • チームにコミットできる以上のコミットメントをチームから得ようと期待してはならない話

おわりに

これからも、ストレッチゾーンであり、達成感のある仕事に取り組んでいきたいです。役職や肩書きに左右されない自発的なリーダーシップを持ち続けたいです。自発的なリーダーシップを批判しない文化で仕事をしたいです。

以上です!

参考サイト

すぐに始められるServerlessアーキテクチャのパフォーマンスチューニング

こちらで共有するのが遅くなりました ...
「すぐに始められるServerlessアーキテクチャのパフォーマンスチューニング」というタイトルで
下記のサイトにブログを投稿させて頂きました。✍

blog.mmmcorp.co.jp

よろしければ、ご欄になってください! 🙋‍♂️

リモートワークを実践してみて分かった、そのメリット

リモートワークを始めて半年以上が経過しました。
生活にどのような変化があったのか、書き綴ってみます。

満員電車からの解放

自分は社畜根性があると思っています。なので満員電車にも適応して社会人生活を過ごしてきました。

それが、リモートワークを始めると一切電車に乗らなくなりました。
最初は、電車遅延に悩まされることがないという、またも社畜根性を出していました。
半年経過後くらいでしょうか、その社畜根性が薄れたことを実感しました。

朝に電車に乗らなくてよいということは、その時間を有効活用できます。
長くリモートワークを行えば、トータルで有効活用できる時間も増えていきます。

体力の増加

毎日電車に乗るより、その時間を使って体力の維持に務めたほうが明らかに健康的です。
筋トレ、ジョギングなど、なんでもよいでしょう。

長年の通勤により衰えた体力が徐々に回復しているのを実感しています。
休日も有効活用できるようになってきています。

リモートワークのコツ

ここからは、リモートワークを行う上で心掛けていることを紹介します。

バックパック一つだけで済む、ミニマルな作業環境を心がける

リモートワークを最大限に活かすためには、
できるだけ作業場所に縛られない環境作りが大切だと思います。

今回は、そのために必要な道具を少しだけ紹介したいと思います。

トラックパッドが非常に使いやすいため、マウスを持ち運ぶ必要がなくなります。
ミニマルな作業環境を心がけるため、外付けキーボードや外付けのディスプレイも持ち歩きません。
その代わりに、ディスプレイの大きいモデルを選びます。

最近はカフェでもWiFiがあったり、コワーキングスペースも増えてきてはいますが、
特定のポートが閉じられていたりなど、望んだネットワーク環境が得られるとは限りません。
ですので、WiFiルーターがあると非常に便利で、行動の幅が広がります。

オンとオフの気持ちを切り替えるための作業環境を整える

出社することで、仕事モードに頭を切り替えること出来ます。
リモートワークでは出社がないので、仕事モードに頭を切り替えるためのルーティンが必要です。

私は以下のルーティンを実施しています。

週の初めはできるだけ自宅以外の作業環境で仕事をする
コワーキングスペース、カフェなどです。

時間管理をし、自分自身のパフォーマンスを見直す

プログラマの場合は当てはまらないケースもありますが、
基本的には短い時間で成果を発揮すれば高パフォーマンスと言えます。

自分自身のパフォーマンスを監視し、成果に繋げます。
私はTogglというツールを利用しています。
自動的にDaily ReportをSlackチャンネルに共有するLambdaファンクションを作りました。

toggl.com

エアコンのコントロール

自宅で作業をしている場合、ついエアコンを使い過ぎて電気代がかかりがちです。
常に 切タイマー を設定すると良いと思います。
また、乾燥にも気をつけて、適度に加湿するようにすると良いと思います。
寒い時は ハンドウォーマー も活用しています。

絶対に無理はしない

リモートワークは仕事をし過ぎるのではないか? 答えは、イエスです。
ですので、自分に対して線引きをします。

  • Togglで時間を計り、必ず1時間休憩を取る
  • 1日の最大作業時間を決める。8時間 + 残業は最大2時間まで。緊急対応などの例外はあり。

それでも資格学習をしつつ仕事をしていると、負荷が高い状況が続くことがあります。
このような時は、出来るだけ寝ることです。エナジードリンクなんかで体を騙してはいけません。
命の前借りをしても必ずあとで自分に負荷が戻ってきます。 

リモートワークのデメリットは?

ありません。セルフコントロールさえできれば最強の作業環境になります。

おわりに

昨今、働き方改革やオリンピックによる影響などでリモートワークが推進されてきておりますが、
多くの企業がリモートワークを活用できない古い企業体質と言えます。

また、企業体質だけでなく、会社に出社しないと作業が出来ない人、
つまりセルフコントロールが出来ない人もおり、リモートワークを完全に制御することは
容易ではありません。

多くの企業様で、柔軟な働き方が出来ることを願うばかりです。

CloudFormationインポートをSAMで試す

「CloudFormationインポートをSAMで試す」というタイトルで
下記のサイトにブログを投稿させて頂きました。✍

blog.mmmcorp.co.jp

よろしければ、ご欄になってください! 🙋‍♂️

Mac miniにnetdataを導入してLAN内環境で表示する

ここ最近、ファイルサーバーが自宅にないことによる不便さを実感していました。
1ファイルで数GBもあるデータをやり取りするならHDD直接続が安定しますが、
数MB程度のファイルならさくっとファイルサーバーに保存したいです。

しかし、これからNASを導入するとお金が飛ぶし、
導入して満足した環境が手に入るか少し不安でした。

ですので、手持ちのMac miniをファイル共有サーバーとしました。
その際にCPU使用率などをチェックするnetdataをモニタリングツールとして
利用しましたので、導入の仕方をメモがてらエントリーとして残します。

Homebrewによるインストール

brew install netdata

netdataサービスの起動

サービスの起動を実行することで、サーバー再起動後にも自動でnetdataが起動してくれます。

brew services start netdata

もし止めたい時は以下のコマンドを入力する

brew services stop netdata

LAN内の他のPCから閲覧できるようにする

netdataの設定ファイルを開く

cd /usr/local/etc/netdata
vi netdata.conf

プライベートIPアドレスで閲覧できるよう、 bind to の値を変更する

    # by default do not expose the netdata port
    bind to = localhost 192.168.3.17:19999

ブラウザで表示して確認する

今回はプライベートIPアドレスで確認

http://192.168.3.17:19999

表示されました! f:id:yasay:20191130064657p:plain

参考にしたサイト