DELL XPS 13 Developer Editionを個人輸入してみた!

おはこんばんにちは!

DELL XPS 13 Developer Editionを個人輸入してみましたので、ブログエントリーを残していきます!このエントリーは購入したDELL XPS 13 Developer Editionで書きました!

f:id:yasay:20210307183241p:plain

何故 DELL XPS 13 Developer Editionなのか

購入した動機を書き綴っていきます!

Ubuntu Desktopが思ったよりも使いやすくなっていた

以前記事を書いたように、Ubuntu Desktopが思ったよりも使いやすくなっていました。

xblood.hatenablog.com

元々、数年前からVirtual BoxやParallelsなどの仮想デスクトップを利用してXubuntuUbuntuを使っていました。20.04 LTSも使ってみたところ使いやすくなっており、もう私の仕事範囲ならUbuntu 1本でこなせるんじゃないかなと判断しました。ブラウザで利用できるSaaSも便利になっており、Linuxネイティブアプリケーションが使えなくてもChrome上のSaaSで何とかなる状況が多いことも後押しになりました。今こそ、Ubuntu Desktopで仕事をしてみるよい機会かなと思い、決断しました。

Apple M1 の懸念

これは本当に悩みました。今までMacBook Air Eary 2015を使用していたこともあり、Apple M1のMacBookも選択肢に入っていました。しかしながら、(2021年3月7日時点で)いまだにDockerがPreview版であることと、Amd64 のDocker Imageを安定して動かしたいこと、そしてIntel版のDocker for Macが頻繁にファイルのI/Oが発生する状況においてとても動作が遅いことなどを懸念して、Apple M1 Macを購入しても作業効率が上がらないだろうと判断しました。LinuxはDocker NativeなのでDockerを使い倒す目的ならもってこいのコンピュータかと思います!

購入の際の判断材料

Linuxのプリインストールモデルを選んだ理由

Linuxプリインストールモデルを選んだ理由はいくつかありますが、一番の理由は仕事で使う上で安定して利用できることです。必要なドライバーがインストールされていて、最初からWiFiBluetoothWebカメラなどが利用できることや、リカバリパーティションが最初から用意されていていつでもLinuxを初期状態に戻すことができるなどが、安定して利用できることの意味です。個人でLinuxをいろいろなPCにインストールする遊びとは違うと考えまして、仕事で安定して使えるLinux ラップトップPCはプリインストールPCがよいと判断しました。

最有力候補だったSystem76のLemur Pro

f:id:yasay:20210307185347p:plain

最後までSystem76のLemur Proを購入する気満々でした。System 76はLinuxプリインストールPCを販売していて、日本にも配送してくれます。Lemur Proは1kg程の重量でとても軽く持ち歩く時も快適でしょう。また、Pop!_OSというUbuntuフレーバーのLinuxディストリビューションを選択することができ、Auto Tilingが特徴のあるOSで最近じわじわと人気が上がってきています。

最終的にDELLを選んだ理由

結局、DELLXPS 13を選んだわけですが、一番の理由は安さです。購入当時、販売価格が$899まで下がっていて、Lemur Proの販売価格より圧倒的に値下げされていました。Lemur Proと比較しての剛性の良さも決め手でした。DELLXPS 13は約1.2kgと軽いラップトップPCではないのですが、アルミボディでしっかりとした剛性を持っており持ち歩く際にも不安が少なそうかなと。Lemur ProのYoutubeレビューを見たところ、タッチパッドのパコパコした音とか、ディスプレイのベゼルの広さなどが気になり、安さと安定のDELLというところで選択しました。特に価格は日本への配送料や関税なども考慮する必要があり、個人輸入であれば、なるべく安いほうがよいです。System 76で送料を試算したところ$120以上かかるので、System76は同じスペックでも総額が2万程高くなってしまいます。

f:id:yasay:20210307200421p:plain
すさまじいディスカウントがされていた購入当時

PCのスペック

PCのスペックを紹介します。

種別 詳細
Processor 11th Generation Intel® Core™ i5-1135G7 Processor (8MB Cache, up to 4.2 GHz)
Memory 16GB 4267MHz LPDDR4x Memory Onboard
Display 13.4" FHD+ (1920 x 1200) InfinityEdge Non-Touch Anti-Glare 500-Nit Display
Hard Drive 512GB M.2 PCIe NVMe Solid State Drive
Color Choice Platinum silver exterior, black interior

CPUはラップトップ用のCore i5とi7でベンチマークスコアの差が少なかったので、Core i5に妥協しました。

開封レビュー

f:id:yasay:20210307194239p:plain
特に箱に凹みがあるわけでもなく、キレイな状態でした。

f:id:yasay:20210307194412p:plain
箱を開けると、お披露目です。MacBookにも劣らない、キレイなアルミ削り出しのラップトップPCですね。

f:id:yasay:20210307194550p:plain
Intel evoのステッカーが光ります。カーボンファイバーのパームレストも素敵です。

f:id:yasay:20210307194707p:plain
付属品です。ACアダプタは3ピンから2ピンに変換しないと使えないですね。まぁ、問題ないです。

f:id:yasay:20210307194923p:plain
電源をオンにしてすぐにUbuntuのセットアップが始まります。セットアップが完了するとすぐに使えるようになります。途中でDELLリカバリーメディアを作成できるなど、インストールのガイダンスもカスタマイズされていました。

個人輸入のために、Shipitoを利用しました。

f:id:yasay:20210307195201p:plain

Shipitoは個人輸入の代行サービスで、日本に送ってくれない商品を購入した場合にShipitoの倉庫を配送先にすることで日本への配送代行をしてくれます。今回は免税を利用したく、オレゴンの倉庫を使うためにプレミアム・プランを1ヶ月間契約しました。DELLのラップトップを購入後に、配送予定日が1ヶ月以上先でどうなることやらと思いましたが、実際には10日間程でオレゴンの倉庫まで配送してくれたので、2ヶ月以上プレミアム・プランを契約する必要はありませんでした。

料金総額

皆さんの気になる料金はこちらです!

総額:133,323円

種別 料金($) 料金(¥) 備考
XPS 13 本体 $1079.10 ¥115,643 送料無料。オレゴンの倉庫に配送。
Shipito Premium Plan $10 ¥1,082 オレゴンの免税倉庫を利用するために契約
配送料 $82.38 ¥8,898 輸送業者はDHLを選択。損害補償オプションを付与
関税 ¥7,700 受取時に支払い

日本でWindowsプリインストールのXPS 13を購入するよりは、3万円くらい安いですね! ^ ^ 配送料含めても3万安いとなると、充分お得な値段で購入できたと思います!

購入からの到着までの総日数

アメリカからの輸入であるため、到着までにどれくらい日数を要したのか気になるところだと思いますので、共有します!

総日数:20日

種別 日数
購入からオレゴン倉庫配送まで 10日間
オレゴン倉庫から日本輸送まで 10日間

途中、オレゴン悪天候により配送手続きが遅延するハプニングがありましたが、それでも許容範囲内の配送日数でした。特にDHLに集荷された後の配送スピードが早く、DHLのサービスにはとても満足しています。追跡サービスも便利でした。

総括

いかがでしたでしょうか。Linuxラップトップのために個人輸入するというのはあまり聞いたことがないのではないでしょうか。ご参考になれば幸いです。今後、Ubuntu Desktopの使い勝手に関するエントリーなども投稿できればと思います。僕マイノリティー(笑)的なノリで使いこなせていければと思います!!

以上です!

関連リンク

Keychron K3を購入しました!光学スイッチ&白軸!開封&ファーストインプレッション!

Keychron K3がついに届きました!

1月初旬に注文して、2月中旬に届きました ... どんだけ待たせるんだよKeychron。 Kickstarterによる注文の生産が遅れたとのことで、Sorry的なアナウンスはあったのですが、さすがに待たせすぎですよ。 もう少しで別のキーボード買っちゃうところだったよ。

画像で見る開封レビュー

f:id:yasay:20210221141407p:plain
スマホが入ってそうな化粧箱です。

f:id:yasay:20210221141818p:plain
箱の裏面。アピールポイントが書いてありますね。

f:id:yasay:20210221141957p:plain
箱を開けた状態。丁寧に梱包されています。

f:id:yasay:20210221142158p:plain
説明書などをどけると、本体がでてきました。本体も丁寧に個装されています。

f:id:yasay:20210221142338p:plain
キーの表面にもプラスチックカバーがついていて、個装はさすがです。このカバーは再利用できそうです。

f:id:yasay:20210221142518p:plain
本体と付属品一覧。USB type-cケーブルにWindows用キーキャップ、ゴム足、キープラーなどが含まれています。

f:id:yasay:20210221142647p:plain
アルミボディの土台に綺麗なキーキャップが所有欲を満たします。

f:id:yasay:20210221142823p:plain
ロープロファイル光学スイッチのメカニカルキーボード。従来のメカニカルキーボードに比べて高さがとても低いです。

f:id:yasay:20210221143030p:plain
自作のキーボードブリッジの上に配置してみた。

f:id:yasay:20210221143257p:plain
Mac備え付けのキーボードと干渉しないように置くことができます。UGREENのL字型USB type-cケーブルを使って接続しています。

インプレッション

今回は、以下のスペックを選びました。

  • 光学オプティカルスイッチ
  • 白軸(押下圧30g)
  • ホワイトバックライト

送料が20ドルで、送料込みで1万を切るという安い価格ながら、所有欲を満たすキーボードです。何より、その機能性の高さが光ります。

自称キーボードのパイオニアだけあり、他のキーボードメーカーと差別化したアイテムを出してきますね。そして重量も約400gと軽くHHKBのように持ち歩くことが可能です。省スペース設計のためラップトップPCの上に置くこともできます。ロープロファイルであるため、パームレストがなくても違和感なく打鍵することができます。(K2は高さがあるため、パームレストがあったほうがよいというレビューが多かったと思います。)高さ調節はできませんが、特に気になりません。最初からあるゴム足による高さ維持で充分です。ソフトウェアによるキー入れ替えは専用ソフトは用意されていませんが、私はキー入れ替えはしないので問題ありません。

打鍵感

一言で言うと、白軸光学オプティカルスイッチによる押下圧30gと静音性を活かしフェザータッチもできるメカニカルキーボードで、メカニカルキーボードが好きな人ならフィットするかもしれない打鍵感ですかね。HHKBのようなスコスコ感はありません。メカニカルキーボード特有のカチャカチャ感に静音性をプラスしたようなキーの打鍵感で、癖になると離れられない打鍵感かもしれません。

不満な点は?

不満な点は全くないのですが、数日使ってみて以下の点が気になりました。

  • キーキャップの汚れが目立つ?キーキャップ自体はABSで特別な塗装もされていないようなので、汚れやテカリが目立ってくるかもしれません。交換用のキーキャップを購入することは可能ですが、購入する度に送料がかかるとちょっとつらい気もしますね。
  • Bluetooth接続が不安定になりすぐ切断されて再接続を繰り返した時がありました。一度Bluetoothをオフにして、オンにし直したところ解消されたので問題はなさそうです。
  • 英語配列モデルしか買えない。私にとってこれは不満要素ではありませんが、人によっては英語配列に慣れないという人はいるのかなと。特にエンターキーが細く、しばらくはエンターキーの上のキーを押すミスタイプは逃れようがないですからね ...
  • PageDownやPageUpキーなどが右端にある点。これは、ホームポジションからできるだけずらさないようにすればミスタイプすることはあまりないのですが、最初は戸惑う点だと思います。

メインのキーボードとして使っていきます!

今後は英語配列キーボードにシフトしていくつもりでして、Keychron K3ならどこでにでも持ち歩けるし邪魔にもなりにくいこともあり、メインのキーボードとしてずっと使っていく予定です。接点がない光学スイッチのため耐久性も抜群で、どちらかというと耐久性と言えば内蔵バッテリーの劣化のほうが気になるところです。安いので数年で買い替えていくというもの全然ありなのかなと。長く使い続けた結果の使用感レビューなども投稿していければと思います!

以上です!

CloudWatch Logs ロググループを tail -f する5つの方法

「CloudWatch Logs ロググループを tail -f する5つの方法」というタイトルで企業ブログに投稿しました ✍

blog.mmmcorp.co.jp

以下のソフトウェアについて比較しています。

  • AWS CLI V2
  • awslogs
  • cw
  • utern
  • AWS Toolkit for JetBrains

よろしければ、ご欄になってください! 🙋‍♂️

Serverless Meetup Japan Virtual #16 に参加しました!

Serverless Meetup Japan Virtual #16 に参加しました!

serverless.connpass.com

今回初めて、「ZoomでMeetup枠」で参加しました。 ミートアップの進行方法について勉強させていただいたり、 スピーカーの方に質問させていただいたりと、貴重な機会でした。 Youtube Liveが終わったあとの皆さんの雑談でもAWSに関する熱い関心事を拝聴できてとても楽しかったです!

今回は技術選定の会で、コロニー株式会社様で採用されたサーバーレスアーキテクチャを拝見し、特に以下の点が参考になりました。

  • node.jsのexpressをAWS SAMで簡単に扱えること
  • VTLのIaC管理方法

以下の点は、もう少し深く聞いてみたい点ではありました。

  • フロントエンド・バックエンド両方にTypescriptを採用について
  • Lambdaファンクションの分け方

結構緊張していたので、次回があればもう少し緊張を解いて会話に入っていきたいと思います。 ありがとうございました!

Spring Fest 2020 動画まとめ

f:id:yasay:20210212001025p:plain

スライド資料も探そうと思いましたが、カオスすぎて探すのを諦めました。 平日開催のため当日はながら見でしたので、動画閲覧できて本当に嬉しいですね。 また、今回のセッションはとても密度の高い、実践的な内容ばかりでしたので Springの実践入門における素晴らしい動画だと思います。

1. _Advanced Track;

Spring CloudユーザーのためのDapr入門

youtu.be

AWSで作るマイクロサービスアプリケーション

youtu.be

R2DBC入門 - 概要とエコシステム、今後の動向

youtu.be

CloudNativeな決済サービスの開発と2年間の歩み

youtu.be

JPA × jMolecules で DDD をコードで表現する

youtu.be

モノリスからマイクロサービスへの移行 〜ストラングラーパターンの検証〜

youtu.be

Spring 5.3 & Spring Boot 2.4

youtu.be

2. _Beginner Track;

今こそ知りたいSpringエコシステム

youtu.be

「今こそ知りたい」を聞くために今こそ知りたいSpring Boot

youtu.be

今こそ知りたいSpring DI x AOP

youtu.be

今こそ知りたいSpring Web

youtu.be

今こそ知りたいSpring Security

youtu.be

今こそ知りたいSpring Batch

youtu.be

今こそ知りたいSpring Data

youtu.be

今こそ知りたいSpring Test

youtu.be

AWSのコストに透明性を加える「Vantage」を利用してみた

f:id:yasay:20210117230650p:plain

Vantageとは

VantageはAWSのコスト、メトリクス、ログなどの情報を管理できるSaaSです。最近ステルスから脱したと、TehCrunchで記事になっていました。

早速利用してみる

それでは早速利用していきます Vangateにサインアップするとすぐに、カスタムリソースとクロスアカウントのためのIAMロール作成を促すガイダンスが表示されます。

f:id:yasay:20210117232817p:plain

今回はCloudFormationのコマンドをコピペして実行しました。日本からだと主に東京リージョンでAWSを利用していると思いますが、このCloudFormationスタックはヴァージニアリージョンに作成されます。特に問題はなく、リージョンの指定はそのままで実行します。むしろ東京リージョンに変えたらCloudFormationスタックでエラーが発生しロールバックしてしまいました。スタックの作成に成功すると、以下の画像のように複数のリソースが作成されます。

f:id:yasay:20210118001049p:plain

CloudFormationリソースの作成が完了すると、Vantageの画面が自動的に切り替わり、リソースが見つかったことを表示します。今回は、EC2インスタンスやEBSボリュームを含む多くのリソースが見つかっています。

f:id:yasay:20210117233338p:plain

料金プランの選択

初めての利用時に料金プランの選択をします。個人で利用するのであればAWS利用料金が$500を超えることはほとんどないと思うので、Starterプランで大丈夫です。プロプランにはメトリクスやログの機能もあるようですね。

f:id:yasay:20210117233553p:plain

AWSのコストを確認してみる

初期表示のビューを確認してみます。

f:id:yasay:20210117233817p:plain

EC2 Instances$20.24 の利用料金が発生していることが分かります。この料金表示はマンスリーコストなので月間の利用料金の試算結果のようです。実際に当月発生している料金ではありません。(試しに、EC2のインスタンスタイプを large に変更したところ、数分後に月間の利用料金が $80 まで上がりました。)EC2 Instances のリンクをクリックすると、インスタンス毎の料金画面に遷移します。

f:id:yasay:20210117234147p:plain

こういうのいいですね!どのインスタンスに多くコストが発生しているのか、とても分かりやすく確認できます!インスタンスIDのリンクをクリックするとより詳細な情報を確認できます。詳細画面にはEBSやVPCなどの情報が含まれていました。

f:id:yasay:20210117234446p:plain

S3の料金

S3はお一人様AWSで特によく使う機能なのかなと思います。S3のビューはどうなっているのでしょうか。以下の画像のようになりました。

f:id:yasay:20210117234649p:plain

バケットのサイズ、オブジェクトの件数、マンスリーコストが確認できます。とてもいいですね。S3は特にどのバケットで料金がかかっているか分かりづらいところがあるのかなと思っていて、このようなビューはむしろAWSがデフォルトで用意してくれてもいいですよね。

しかしながら、Glacier Deep Archiveのコスト料金は分かりませんでした。これは、対応しているリソースについてVantageは明記されていて、現時点ではGlacier Deep Archiveは対象外のようですね。まだまだ対応サービスが少ないようなので、これから拡充していってほしいですね。

カスタムビューを作成できる

カスタムビューを作成することも可能です。AWSリソースのタグでビューを作成することも可能なので使い方によってはかなり便利なのかなと。

f:id:yasay:20210118000735p:plain
ビュー作成機能

総括:お一人様AWSなら使わない手はない

コストに透明性を加えるとても便利なSaaSだと思います。導入もすぐに出来き、とても簡単にコスト情報を詳細化できます。サービスの内容としては、AWSに追従する必要がある所謂いたちごっこ的なSaaSだと思っており、開発する中の人は大変なのではないかなと思います。今回はCloudWatch メトリクス&ログの機能を利用していないため、ProプランやBusinessプランでどのような真価 を発揮するのか、定かではありません。料金的にはProやBusinessは安くはないと思うので、悩ましいところですね。Organizationによる1つのAWSアカウントによる複数アカウントのコスト管理に対応しているかどうかも気になります ... 。

以上です!

Vantage Supported AWS Services - Vantage Documentation

GolangCI-LintとCircleCIを利用して静的解析チェックを自動化する

「GolangCI-LintとCircleCIを利用して静的解析チェックを自動化する」というタイトルで 下記のサイトにブログを投稿させて頂きました。✍

blog.mmmcorp.co.jp

よろしければ、ご欄になってください! 🙋‍♂️